Anprod

For Anyone, Prototyping, Development

AnprodStudioTop

# 誰にでも簡単にプロトタイプの開発を

昨今、液晶ディスプレイはさまざまな機器で利用されています。

車などの乗り物の室内ディスプレイ、家電などの機器の操作パネルなどHMI(人と機械との間で情報をやり取りするための手段)分野においては採用例も多くそれに伴う開発にはさらなる効率化が求められます。

このような背景の中、ディスプレイの表示コンテンツ試作には以下のような観点が求められます。

  • より多くのデザインを試す
  • より多くの表示の組み合わせを試す
  • より製品に近い環境で試す
  • より早く修正して繰り返し試す

上記のポイントを満たすためにAnprodは開発されました。

# 試作に特化

Anprod_Met

MicrowavePanel

Calculator

ディスプレイの開発行程は試作を行い仕様を検討し、その後実際の製品開発に入っていきます。

Anprodはこの開発行程の中で対応範囲を試作に絞っています。

使える範囲を狭くすることで、逆に試作行程においては強みを発揮します。

Anprodはディスプレイ開発試作における弊社のノウハウを詰め込んだ開発ソフトウェアです。

# ノーコード、ローコードでの開発

NoCode

従来の開発において、絵を動かすためにはプログラマーによるプログラミングが必須でした。

ただし、ディスプレイの試作開発を担当するのはプログラマーだけとは限りません。

表示する絵を描くデザイナーや、表示に紐づける機能を設計する人、できあがった試作を試して評価する人など数多くの役割を持った人が関わります。

そのような人達が、ちょっと考えた表示案を動かして試したい!というときにプログラマーの手が空いていないと作業ができず効率的ではありません。

このような問題を解決するために、Anprodではノーコード、ローコード開発をコンセプトに開発しています。

つまりコーディングせずにディスプレイの試作ができます。

これにより、プログラマー以外の方でも単独でディスプレイ表示を通信に連動して動かしたりできる可能性を持ちます。

# UMLを使ったロジック開発

Anprod_UML

Anprodではステートマシン、シーケンス(近日実装予定)といったUMLベースの機能を用い処理を作成します。

実行状態はリアルタイムにGUIで確認することができ、「今どういう動きをしているのか」の確認も容易です。

この機能を利用することで、プログラミング未経験の人でもパズルを組む感じで動きを作ることができます。

# いろいろつながる

AnyConnected

Anprodは単体でもプロトタイプ開発において、すぐれた成果を発揮しますが、 Pluginを追加することでさらに用途が広がります。

タッチディスプレイのタッチ情報と連携して直接操作可能なGUIを作ったり、 CAN通信と連携して、自動車からの通信に連動した表示を作ったり可能性をひろげていけます。

# 処理の分離

Anprod_SeparatProcess

プログラミング初心者が陥る問題の1つに、機能と機能の結合度が高い密結合な作りになってしまうというのがあります。

密結合なプログラムは改造に弱く、機能追加や逆に機能の撤去を行う際にもなかなかスムーズに対応できません。

AnprodではMoveとIn/Out, Logic部分がSignalを挟んで強制的に分離されます。

つまり、In/Out部分がMove部分のImageを直接触るといったことは、やりたくでもできません。

これにより各機能に余分な依存関係が入らないため、上記の密結合による問題は発生しにくい作りになります。

また、この考え方は別のIn, Outへの差し替えが容易という利点もあります。

たとえば実装中はTCP/IPからのデータ入力でディスプレイの画面遷移をコントロールし、別の用途ではCAN通信からの入力に差し替えるといった使い方もできます。

そのため、一度作った実装の再利用性が高く、長く利用できる実装をすることが可能です。